SH-06E SimFree/MVNOテザ 自動化ツール


実際ワンクリといったら語弊がありますが、SH-06EのSimFree化/MVNO テザ化の方法は先に述べたとおりですが、やり方もリスクも分かった上でめんどくさいことをしたくない方のために、ワンクリツールをご用意しました。

SH-06E sim_free

注意

全ての処理を自動で行うようになっています。処理内容を十分ご確認の上、自己責任でお使いください。このツールを使うことにより、いかなる不具合が発生しても、当方は責任を負いかねますので、ご理解いただけた人のみご使用ください。

機能1:MVNOのテザリングを有効化させます。
機能2:SIM Free化を自分で行えます。

動作条件

  • SH-06E build 01.00.07 であること
  • root 取得済であること
  • USB debugが有効であること
  • PCにJAVA(JRE) がインストールされていること
  • 文鎮化しても泣かない強い心を持っていること。(自己責任)

手順

make.batを実行してください。

完全ワンクリになっているので、画面の操作に従ってください。

端末を再起動した場合、うまく動かなくなりますので
再起動後は、こちらのツールで再度MVNOテザリングを有効にすることが出来ます。

SimFreeを有効化

make.batのパッチの後にもう一手間必要です。
端末上で、 *#*#4669#*#* に電話をかける。
domonoのお姉さんに繋がる・・・わけではなく、ツールが立ち上がるので、
SimLock解除を選択し、適当な解除コードを入力する。

 

ここら周りの情報は転載禁止でお願いします。

Error: Suspended

SH-06E SimFree/MVNOテザ 自動化ツール」への14件のフィードバック

  1. tozionsdoor

    有用なツール、ありがとうございます!
    これで、多くの人が救われると思いますm(_ _)m

    いきなり大変失礼で、厚かましいとは思いますが、
    お願いがあります・・・。
    現在、rootスレに揚げられている数種類のワンクリのバッチを一纏めにし、
    MENUにより選択、実行するワンクリを作っているのですが、
    このツールも含めさせて頂くことは出来ませんでしょうか。
    もしお許しいただけましたら、完全ワンクリとして入れたいと思っています。
    お返事お待ちしておりますm(_ _)m

    返信
  2. tozionsdoor

    そうですか、残念です。
    しかし、大変勉強になりました。
    ありがとうございました!^^

    返信
  3. ごん

    貴重な情報をありがとうございます。
    自分の勉強のために質問したいことがあるのですが、
    make_mvno_tether.batとmake_simfree.batの2つのファイルがありますが、
    それぞれのコマンドの中で7zaを使う際に、aオプションとuオプションを
    使い分けてあるのはなぜでしょうか?
    aオプションは追加でuオプションは更新というのは確認したのですが、
    SHSimControlApp.apkの場合はaでframework.jarの場合はuになっています。
    また、-mx=0のあるなしについても違いがあるのはなぜでしょうか?

    質問ばかりですいません。

    返信
    1. lxbevo 投稿作成者

      混乱を招いてすいません。。
      7za の引数が違うのは、dexopt-wrapperのわけのわからない挙動に振り回されていたときに、
      試行錯誤していたときの名残ですね。aオプションだけでいけると思います。

      返信
  4. ごん

    そうでしたか。今回のツール作成等お疲れさまでした。
    とても勉強になりました。
    ありがとうございます。
    これから私のSH-06Eをいじりまわしたいです。

    返信
  5. よしくん

    こんにちわ
    sh06e_simfree をダウンロードさせて頂き、Windows7のcドライブ直下にc:\SIMfree\を作りsh06e_simfreeを展開、toolフォルダーに必要な物をすべて入れて起動してみました。

    rootは取れており、adbrootshellの起動も確認していますが、 プロンプト上で、> make_env.batを実行すると以下の表示で止まってしまいます。

    *deamon started susccessfully *
    error: device offline
    error: device offline
    完了

    何か勘違いしていると思うのですがヒントでも頂けないでしょうか?
    よろしく御願いします。

    返信
  6. よしくん

    こんにちわ
    コピーした adb.exe / AdbWinApi.dll / AdbWinUsbApi.dll あたりのバージョンが不適合だったようでインストール済みのSDKの中からコピーした状態でうまくゆきました、お騒がせしました。

    その後、framework.odex とSHSimControlApp.odexをバックアップしてreadmeの方法でコピーを試みましたが以下のエラーが出てしまいました。

    mount: mounting /dev/loop3 on /system failed: Device or resource busy

    質問ですが、mount オプションに -f を付けて強制的にやれば良いのでしょうか? ちょっと怖くて試せないのですが正解でしょうか?

    よろしければ教えて頂けますか? よろしく御願いします。

    返信
    1. lxbevo 投稿作成者

      すでにmount済みかもしれないので、
      mount -o rw,remount /data/local/system.img /system
      remountで試してみてください。

      返信
  7. kerus

    sh-06eでMVNOのテザリングがしたく、こちらのパッチを利用させていただいたのですが、
    どこか手違いがあったのか、回線速度が極度に遅くなったり、一部のアプリが動作しなくなったので、
    パッチ適用前に戻したいと考えています。
    readmeの内容を見たのですがちょっとよくわからなくて、workフォルダの内容をどのように戻せば良いのか
    具体的に教えていただけないでしょうか・・・。m(_ _)m

    返信
    1. lxbevo 投稿作成者

      .\tool\adb.exe push .\work\framework.odex /data/local/tmp/framework.odex
      .\tool\adb.exe shell
      $ /data/local/tmp/run_root_shell
      # stop zygote
      # mount -o rw,remount /system
      # cp /data/local/tmp/framework.odex /system/framework/framework.odex
      # start zygote

      これで元に戻ると思います。(上は実機では未確認)
      もしくは、 root化ツールで system.imgを作り直しても良いと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>